フィールドレポート Part2

JBプロの高天プロが岡山?いえいえ、その他いろいろなフィールドでの奮闘ぶりをレポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒された!!

 今日(4月29日)、仕事が忙しかったり水がなくてボートがおろせなかったりで行きたくても、なかなか行けれなかった旭川ダムに今年、初めて行って来ました!!
 7時ぐらいに中流域(西川の少し下流の岩盤)で、ボイルしまくっていたバスをフラッシュトリックス4inで立て続けに2匹釣り、1週間ぶりにバスの引きを楽しみました!
 その後、そこからけっこう下流に下り、通称メガネワンド下流の岩盤で何と!“プリップリ”のメスの50、48、43cmと3本で計5,050g釣れました!!どうも今日は、4~5mにある垂直系のストラクチャーが良かったようです。ルアーは3本ともホールショットジグ+バイズ・フラッピンチャンク(グリパン)でした。1匹目を釣ったときにフラッピンチャンクが飛んだので、適当にホグ系にしてみたのですが釣れず、フラッピンチャンクに戻したら、また釣れました!モリゾーさん有難うございます!!(※ちなみにBIG ONEには、全色しっかり在庫そろっています!!)  あと1本2kg近いバスを釣っていたら、3本の旭川ダムレコードを塗り替えていたみたいですが、先週、東条湖で完全試合を達成してしまい精神的にも肉体的にも疲れていたので、かんっなり癒された1日でした!
5kg.jpg
久々の5kg台だそうです!!
horu.jpg
ヒットルアー①
furasyu.jpg
ヒットルアー②
スポンサーサイト

完全試合達成・・・。

 4月22日にJBマスターズウエスタンシリーズの第1戦目が開催されました。本来なら岡山県の旭川ダムで開催されるのですが、水不足で兵庫県の東条湖に会場を変更して開催されました。
 プリプラはJBⅡ四国に出場していたので入れず、前プラのみとなりました。前プラの感じでは、本当はやりたくないのですが、ネストをやるしか勝負にならない感触でした。
 初日、何とスタート順が悪くてマークしていた全てのネストに入られてしまい、お手上げ状態で初日、ゼロ申告で終了してしまいました。
 2日目はスタート順が良かったので、魚が濃い上流へ入れたのですが、かわいくない見えバスに振り回されるし、焦りで動き回りすぎて結局、情けない完全試合達成してしまいました。野球では、かなり凄い事なのですが・・・。それにしても、またしても長瀬は“準優勝”!!凄すぎる!!おめでとう!
 自分も次回こそは頑張ります!
toujyouko.jpg
今回、活躍出来なかったネストルアー達

あと1本・・・。

 少し前ですが、4月15日に自分の今年の開幕戦となった、JBⅡ四国(旧吉野川)の結果報告をします!
 1週間前のプリプラから考えて、本戦はネスト合戦となる事が予想されたのですが、スポーニングエリアまでがかなり遠く、アルミボートに乗っている自分にとっては、かなりギャンブルだったので大会会場周辺にある小規模ワンドに溜まる、アフターバス狙いをすることにしました。 
 朝は、他の選手が入られていたので、ワンド周辺にうろつくバスをサイト(ルアー:カットテール)で釣り、その後はバイトが遠のき、試合終了30分前にワンドが空いたのでダメもとで入ったら、カットテールでキロアップが自分に釣れ、ワンドのど真ん中にセンコーを沈めて“ボーッ”としていたパートナーに奇跡のキロアップが釣れリミットは揃ったのですが、1匹目のバスを入れ替え出来ずにタイムアップとなりました。ウエイトは3,065gで残念ながら、お立ち台に乗る事が出来ませんでした・・・。あと1本、キロアップが入っていたら確実にお立ち台に乗れるウエイトだったので、かなり悔しい開幕戦となりました。次回もお立ち台目指して頑張ります!!
kyuuyoshibass.jpg

kyuuyoshilure.jpg

パラダイス!?

 先週の日曜日(4/1)に、ほぼ鳥取県と岡山県の県境にあるリザーバーに行ってきました。
 ここは、スキー場が近くにあるほどの豪雪地にあるリザーバーで、この時期に釣れる確立は、ほぼ0%と分かっていたのですが久々に行ってみることにしました。
 道の隅には少し雪があるものの、暖冬のせいで例年より少ないのですが、背が高い草がたくさんあり、いきなりヤブこぎをするはめになりましたが、・・・ヤブを抜ければ目を疑うようなパラダイスでした!!なんと、40UPオンリーのスクールがバックウォーターでウロウロしていたのです!!!!!
 結果は、全てサイトで6匹口を使わせてキャッチできたのは、結局4匹でした。使用したルアーは、オープウォーターにいたやつには、最近気になっているジャッカルのタイニーマガロンMRのリアルオイカワカラーをスローシンキングにチューンして、湖底に置いておいて、バスが近くに来たらアクションを加えて喰わせる方法で2匹でした。他の4匹はキャストをためらうほどの超ヘビーカバーにいるうえに、かなりスレていて簡単に口を使わなかったので、バリバスのパワーフィネスPE+バークレイのガルプ・ドーバークローラーのガード付きマス針のワッキーがけノーシンカーでパワーフィネスという感じでした。こんなパラダイスな状況には、そうそう遭遇出来ないリザーバーだったので、大満足な釣行でした!

マガロンバス(42cm)
                 
magaronbass.jpg


マガロンバス(44cm)
                 
magaronbass-2.jpg

ドーバーバス(43cm)
                 do-ba-bass.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。